自信の無い日常blog

自信が持てない人生ですが、勝つ人生を願います。

老人ホームでの対応詳細(手記です。)

皆さまこんばんは。

我が老人ホームでも、法人からの通達で、コロナウイルス蔓延に伴い、
職員の休憩場所の分散化要請が来ました。

同じ時間帯で休憩する介護職員・事務所職員は、一か所に固まらずにそれぞれの
場所にて休憩することとなりました。

幸い、まだコロナらしい症状の職員も入居者も出ていないので、私の施設では
出てしまったときの対応準備で追われています。

対応として決めていることは、下記の通りです。
『入居者様の場合』
疑いの発生時点で、隔離対応開始。
周辺入居者の体調観察強化、発症者の居室周辺の整備
症状の持続に応じ、保健所への連絡。

『職員の場合』
まずは出勤前、休憩前の検温
その段階での発熱または症状出現で早退手続き。
早退職員の症状詳細の聴取。
適切な行動指示。
関わるシフトの調整となります。

私の働くような施設では、自立と言って体は元気だが在宅での生活が困難な方もいますので、隔離が難しい
方がたくさんいます。

一人出たらアウトだと思って対応準備に入っています。

コロナウイルスが世間を騒がせている今、入居者様からは
「〇〇さん(ボランティアの名前)最近来ないけどどうしたの?」、「暖かくなってきたのに出かけられないの?」、
「娘(息子)と会わせてくれ。」などの訴えが急増しています。

外出自粛というより、施設では外出や面会を控えて頂いている現状ですので、世の中の事態をゆっくりと丁寧に説明し、
ご理解いただく対応としていますが、そろそろしびれを切らしそうです。

だからといって、対応の手を緩めるわけにはいかないので、現状通りのままとなっています。

本当に日本だけでの話ではないのですが、これからどうなるんだろうか?
不安と緊張が、日々日々私たちを襲ってきます。

このブログを見ている方で、同じような介護施設にて働いていらっしゃる方がいましたら
是非とも教えて下さい。
施設の空気はどんよりですか?それとも何か策を講じ、明るい雰囲気づくりを試みてますか?

職員として、私一人の外出自粛はもちろん徹底できますが、入居者様達の家族との時間を
整備できない歯がゆさが、心を痛めます。


一秒でも早く、コロナウイルスの終息が迎えられますように。

また、逢う日まで~

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村