自信の無い日常blog

自信が持てない人生ですが、勝つ人生を願います。

介護崩壊の危機

皆様こんばんは。

コロナウイルスの中、いかがお過ごしでしょうか?
幸い私の働く老人ホームでは、コロナウイルス感染者・疑い症状も出ておらず、
職員・入居者共に変わらず過ごしています。


職員のコロナウイルス感染時の勤怠管理や、保障についての会議が本日施設内にて
行われました。
やはり、感染時には長期間就業はさせられず、必ずと言って良いほど収入に影響が出てくるはずです。

有休消化となるのか?特別有給となるのか?傷病手当対応?
などさまざまな議論がされていました。


期間にもよりますが、やはり2~3日程度なら有休、それ以上なら特別有給、さらにそれ以上なら傷病手当みたいな
給付の保障になるのでしょうか?


なにより、月の収入への影響を想定した時に、欠勤扱いでは生活に支障が出てしまうということですよね。
有休がない人は?とか、非常勤も常勤と同じ扱い?とかさまざまな憶測が現場では飛び交っています。

管理者含む首脳陣で、決定する補償とはどういったものになるのか、気になるところですね。


「これを機に介護職員やめてやる」なんて言われないように、しっかりとした対策案を打ち出してもらえると安心します。

来週早々第二回の会議ですので、決まったらまたブログにてご報告したいと思っています。

皆さんの働く場所では、コロナウイルスにおける勤怠管理はどう決まっていますか?参考までに、教えてもらいたいです。
よければコメント頂ける嬉しいです。


では、みなさんお大事に。また逢う日まで

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村