自信の無い日常blog

自信が持てない人生ですが、勝つ人生を願います。

みんなのイライラ・・・。

こんばんは。
俄然、自粛が続き私の働く施設でも入居者様のイライラが増していきます。

普段から、4月5月はあまりアクティブではないイメージな施設だったのですが、
やはり「自粛」や「我慢」、「中止」という言葉が続くと入居者様にもあまり
良い影響を与えてくれません。

今月だけで、5件以上の入居者様同士のトラブルがありました。
些細な事がきっかけで、言い争いに発展。
トラブル⇒部屋から出てこなくなる⇒食事拒否みたいな流れが出来上がります。


高齢者にとって、食事は本当に大事で一食抜くことがかなり体のサイクルを壊します。

何とか食べてもらえるよう説得する。
何とか部屋から出てきてもらえるよう話す。
仲直りは難しくても、喧嘩両成敗であることはご理解いただく。

介護という仕事の中には、特に施設入所となると団体行動もありますから、こういった仕事も
あるんですね。

相談援助や、対人スキルというカテゴリーがありますが、こういった能力を有する職員がいると
本当に心強いです。
いわゆる「論破」になってしまうのですが、高齢者に適切な表現で論破すると、素直に「ごめんなさい。」
というゴールに近づきます。

日常的な会話がめんどくさいと思う人が増える中、「介護」という仕事には人間味という側面を発揮する瞬間が
かなり豊富です。

介護技術・制度理解ももちろん大事なのですが、介護を受ける方は制度よりも言葉の安心感や安定感を求めています。

私は、今の施設に新卒で入り10年目を迎えますが、本当にそういった側面を鍛えて頂けたと自負しています。

「対人関係」が必須となる介護では、実は職員も逃げ場がありません。
「初めまして。〇〇と申します。今日からよろしくお願いいたしますね。」という職員の挨拶から、すでに入居者様との
対人関係は始まっているんです。

話し方、表情、ユニークさ、安心感すべて揃えるのは本当に難しい事です。
ですが、私が思う介護の仕事のやりがいにこのようなことが多く含まれているということは、間違いありません。

是非とも、このブログを見ている方がいらっしゃいましたら、一度介護の世界を覗いてみませんか?
私は千葉県で介護職員をやっております。ご興味があるかたがいたら少しでも良いので交流しましょう。

介護業界は人手不足です。ですが、誰にでもできる仕事ではないです。最近増えていますが、一切業界を勉強せずに働こうという方
がいます。それでは高齢者は介護をさせてはくれません。

何より老人ホームの職員はどういう仕事をしているのか?
どんな種類の老人ホームがあるのか?
高齢者というくくりではなく、相応に重篤な持病の方がいるのか?

など、興味を持ち学べることはたくさんあります。
介護という分野がこの先も、「人間同士の心のふれ合いの場面」であることを願っています。

※プロフィールからメールを頂いてもかまいません。コメントでもどちらでもお気軽にご質問ください。


では、また逢う日まで~。

                       にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護(個人)へ
にほんブログ村

                       ブログランキング・にほんブログ村へ