自信の無い日常blog

自信が持てない人生ですが、勝つ人生を願います。

緊急事態宣言ー解除の方向ー

皆様こんばんは(#^.^#)
millonchallengerです!!

さてさて皆様。。。
今テレビを賑わせております。緊急事態宣言ですが、もうほとんどの地域が解除となっていますね。

これにより『外出者が増えること』が何となく予想できますね。
令和2年5月21日現在では、首都圏の1都3県と北海道以外の県については解除という報告がありました。

おそらく北海道を含む1都3県については5月中の解除はなく、6月に入ってからではないか??と予想ができますね。

では、この1都3県について調べてみました。

1都3県てどこのこと??

1都は誰でもわかる『東京都』ですね。
残りの首都圏内の3県がどこなのかということになります。。。
首都圏とは一般的に、茨城県「栃木県」群馬県「埼玉県」「千葉県」「東京都」「神奈川県」山梨県の1都7県を指します。

今回の緊急事態宣言継続中の3県とは、上記の中の「埼玉県」、「千葉県」、「神奈川県」となっています。
東京に近いこの3県も意外と感染者数は増加していて、また、感染拡大の速度も尋常ではないスピードでした。

ですから、続々と宣言が解除となる中東京は仕方ないとしても、この3県が宣言継続となるのは至極当然とも考えられます。
メディアでは、今月25日にも専門家会議の中で感染者数を含めた検討会が開かれ、今後の対応を決めていく流れがあるみたいですね。

緊急事態宣言が解除されたら


緊急事態宣言解除とは??

勘違いされている方が多いのですが、緊急事態宣言が解除されたらどうなるのか?について調べてみました。
そもそも日本の場合の緊急事態宣言とは、罰則を伴う外出禁止や、都市封鎖のような強制力のある内容ではありませんでした。

外出の自粛や、イベントなどの中止の協力を促進する内容でしたね。
今回の宣言はゴールデンウィークに差し掛かったこともあり、営業自粛の要請に踏み入られた業種も少なくありませんでした。
営業自粛もあくまで要請なので、強制力はありません。ですので、風評的かつ結果的に自粛を余儀なくされた業種が多かったと思います。

この緊急事態宣言の解除については、現段階における感染率の低下などから緊急事態を脱したと伝える内容でしかないため、
「やったー!!がんがん出かけて楽しい思い出作るぞー♪♪」、「行けなかった旅行に行くぞー♪♪」などの不自由からの解除みたいな
ニュアンスではないんですね。

宣言の解除後、まずは教育系の分野から徐々に事業を展開していくでしょう。機能として奪われていた学業は、この3か月あまりはかなりの痛手ですよね。

イベント関係がどんどん復活するということも、ほぼあり得ません。本当に必要な企画しか実現しないでしょうし、それには大きな条件も付いてくると思います。

感染者が0人となったわけではありませんので、今だ日本の内部にはコロナウイルスは確実に存在し、感染リスクは健在だということです。
それでも、一時の感染者数や、拡大率、拡大速度の爆発的な増加はなくなったため、「緊急事態は脱したよ」っていう報告ぐらいに
留めておくことが賢明です。

まとめ

①緊急事態宣言解除後も、不要・不急の外出は避けましょう。

②収束したわけではないため、マスクの着用・咳エチケットの徹底・密を避ける意識・手洗いの徹底は守っていきましょう。

③風評に騙されず、いつも信憑性の高い情報を求めましょう。


以上となります。緊急事態宣言が解除されたら何をする?みたいな質問が多いことと、その質問に対し圧倒的に「遊びに行く」
という回答が多かったため、今記事を書いてみました。
コロナの脅威に再度襲われないために、皆様最後のひと踏ん張りをしていきましょう!!

では、また逢う日まで

ブログランキング・にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村