自信の無い日常blog

自信が持てない人生ですが、勝つ人生を願います。

忙しくも充実な日々

皆様こんばんは(^^♪
millionchallengerです!!


最近は動画編集はおろか、ブログの更新もままならないくらい本業を忙しくさせて頂いておりました。

新型コロナウイルスについては、全国的な(広域的な)感染は終息が見えてきましたが、局地的な感染があまり終息していない
ようです(/_;)

いつになったら、ソーシャルディスタンスを意識せずに生活ができる日がくるのでしょうか?


私の働く老人ホームでも、7月以降に順次解除していく制限が打ち出されましたが、やはり近郊の都内感染者情報から白紙に
戻されてしまいました。

幸い「入居者様には確実な情報を」と思っていましたので、情報の混乱を招く事態にはなりませんでした。


ですが、テレビなどでも少しずつ解除されている印象を受けてしまいますので、入居者様からのある程度の目途に関する情報の
提示を求められ始めてきました。

あまり詳細に回答できない様子から、落胆される声も少なくありません。


そして、私たち老人ホームの職員のご家庭にも、すこしずつ自粛生活の魔の手が忍び寄ってきました。

普段から何事もなく生活されていた高齢の方(職員の親)が、人と相容れない生活により介護状態へとなってしまうケース
が何件か見受けられてきました。


それに伴い、シフトに入れなくなったり急遽の休みなどがちらほら出てくるようになりました。

高齢に伴う症状でもあるため、一概にコロナウイルスが全ての要因とは言えないのですが、無ければきっと緩やかな進行で

済んだのでは??と思ってしまいます。


対人関係や、人との繋がりは本当に自身の健康に直結することを今一度身に染みた今回のコロナ騒動でした。

私たち若年層も、正直人間関係の苦手さから人から離れたいと思う人は少なくないはずです。

ですが、ずっと一人で生活することなんて不可能なため、良い頃合いや・いたし方ないときに限り他者の介入を許したりします。


この、自分にとって丁度よいなどのタイミングが見出せれば良いですが、今回のコロナウイルスなどの影響により、タイミング度外視で

人との距離を直接的にも・間接的にも取らなければならないとすると、精神的な鬱症状を引き起こし、身体的な機能の低下を招いてしまう

みたいです。

なにより、普段どれほど自分が環境や他人と過ごしていたのかということを明らかにする大事件でした。



皆様にとっても、今後の生活においていつ何時に孤独と不便を体験するか分かりません。便利なことであったり、楽なことであっても、

遠回りを続けることは意外と不要なことでは無いようです。いざとなったときに耐えうる精神を意識しておく必要がありそうです。

こういった感染症や災害などもそうですが、原因が特定できても改善が自分で出来ないなどの時に、これまでどのように

利便性や自己中心性を捉えて生活してきたかにより、影響力が違うことになるようですね。

少しでも良い人生を送れるよう、皆様日々の生き方を見直してみましょう(#^.^#)

私は、よく分かりませんがなるべく冷房を使わない一年にしてみようと思ってみました。

朝起きて窓を開け、換気で「涼」を感じれる身体を目指そうと思っています(#^.^#)

試してみる価値があるかは、私が今年証明したいと思っております。

では、また逢う日まで~(^_-)-☆

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村